こんにちは。

滝川の建築事務所ジャパン・コルディアル・ホームズの三河です。

久しぶりの更新となってしまいました!

そうこうしている間にもう冬が終わろうとしており、先日富良野に行った際に雪解けの崖の斜面に鹿がたくさんいました。

時間が経つのは早いものですね・・・。

そんなこんなで、今回はちょっと最近思う事をつぶやこうかと思います。

 

ここ最近、住宅・非住宅ともに様々な案件を頂いております。

住宅の方は前回のブログでちょっと触れました「農地転用」を必要とする新築戸建のお客様や、土地から探したいというお客様など様々です。

非住宅の方も、店舗新築のお客様や増築のお客様など色々なパターンのお客様からお声がけ頂いております。

雪のあるシーズンも終わりに近づいて来る事で、記録的な大雪となった昨年ほどではないですが越冬しての修繕関係なんかもありますね。

 

色々なお話を頂く中、お声がけ頂ける事は本当にありがたいなと感じます。

一言で営業と言っても業種によってその営業方法は様々ですが、弊社の方は広告を打ったりという事は今はほぼほぼ皆無です。

その中で色々なお話を頂けるというのは、やはり人の繋がりという点が大きいように思います。

広告を打ったり何かしらの媒体を使ったプロモーションはとても有効的で、弊社もそれを行うべきだと思っておりますが、それだけでは決して得られないものが人の繋がりというところにはあると思います。

それは、土地に根差した商売をしてきた事や、会社の見た目の形よりも技術を磨いたりという事に注力してきた結果なのかもしれません。

 

今の時代、人からの紹介などが無い限りは大体の方がネットで多くの事を調べると思います。

購買衝動の第一歩はやはりインターネットが多いのではないでしょうか。

住まい探し等も同じで、その購買衝動の一歩目に引っかかるかどうかは本当に重要になりますが、弊社の場合はそれがまだまだ不足してます・・・。

それでもお声がけ頂けるというのは、ひとえに人の繋がりの賜物のような気がします。

 

どちらも大事で、

どちらも持つべきものですが、

先代が大事にしてきた「人の繋がり」の上に現代的な展開を考える事ができるというのは、

幸せな事なのかもしれないなと思います。

 

最近、そんな事を考えてました。

今回はそんな独り言です。

 

 

それと最近本業外では、木彫りもそうなのですが鉱石を加工しております!

以前ネットで見た「鉱石ナイフ」というものを作ってみたかったのですが、そんな話をまわりにしたところ「瑪瑙」の原石を譲ってもらえました。

これをいま設備も知識もない中で加工しているのですが、

木や金属を削るのとはまた全然勝手が違い苦戦しております・・・。

ブレード部分をこの瑪瑙で作り柄を木で作る計画なのですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

完成したらご紹介したいと思います!

 

では。