こんにちは。

滝川の建築事務所ジャパン・コルディアル・ホームズの三河です。

 

先週、地震や台風などで災害慣れしていない北海道に、立て続けに災害がやってきました。

台風の直後に大地震・・・たたみかけるような自然災害の併発です。

このたび、北海道胆振東部地震において被災されました皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。

 

かく言う弊社の方も、停電によって業務が行えない日がありました。

また、ここ北滝の川の工業団地は滝川の中でも割と早目に電力が復旧した方だとは思うのですが、自宅の方は滝川の中でも最後の方の電力復旧となりました。

こういう時に、いざという時の備えが大事だなと・・・つくずく思い知らされた数日間でした・・・。

 

しかしながら、災害への備えに関してはこれで終わりではなく、今後の為にしっかり備えるべきだと思います。

「本振」が来るかもという話も巷でささやかれております。

という事で、今回は災害時の備えに関してちょっと調べてみましたので皆様にもお伝え致します。

 

【災害時に備えての備蓄】

■飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

■非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど

■トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど

※大規模災害時には「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

※飲料水とは別に、トイレを流したりする生活用水も必要です。日頃から水道水を入れたポリタンク等を用意したり、お風呂の水をいつも張っておくなどの備えがあると良いです。

 

【非常用持ち出しバッグ】

■飲料水

■食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

■貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

■救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

■ヘルメット、防災ずきん

■マスク

■軍手

■懐中電灯

■衣類

■下着

■毛布、タオル

■携帯ラジオ、予備電池

■携帯電話の充電器

■使い捨てカイロ

■ウェットティッシュ

■洗面用具

■携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・哺乳瓶などの必要なものも用意しましょう

 

以上が、首相官邸サイトに掲載されている内容です。

 

これとは別に、色々なサイトに載っていたものや、今回の経験から必要だと思ったものを以下に補足します。

【他のサイトからの抜粋】

■非常用持ち出しバッグはリュックサックがいい(手を空ける事ができるため)

■現金は10円玉はなるべく多めに。紙幣は1000円を推奨

■ホイッスル(常に携帯しておく)

■生理用品

■ラップ(余った食べ物の保存、洗い物をしないために皿に敷く、防寒対策、止血、臭いの気になるものを包むなど)

■モバイルバッテリー

■万能ナイフ

■帽子

■ゴーグル(粉塵除け等に使えます)

■保温シート

■眼鏡と予備の眼鏡(コンタクトの方は眼鏡を忘れがちかもしれませんが、目が悪い人は必須です)

 

【今回の経験であったらいいな、あって良かったなと思ったもの】

■車用インバーター

→車のシガーソケットから電気がとれるので、我が家は今回これで家の中の明かりと携帯の充電をまかないました。長時間になると車のバッテリーがあがってしまう恐れがあるので注意。バッテリーがあがった時用にジャンプケーブルがあると更に良い備えかもしれません。

■発電機

→発電機があれば電気を確保できるので、可能であれば欲しいところです。

■置き薬箱

→富士薬品の置き薬の箱が我が家にありましたが、今回はそれが大変助かりました。災害時は色々な要因で体調を崩したりケガをしたりするので、普段置いておいてもお金がかからず、使った分だけ支払いが発生するというこの置き薬の箱は、一家に一つはあった方が良いなと今回つくずく思いました。

■乳幼児向けの食糧や消耗品

→友人一家が困っていたので、私もドラッグストアに並んで買って届けました。食料にしても生活用品にしても大人は何とかなる場面が多いですが、赤ちゃんはそうはいかず文字通り死活問題です。もし乳幼児がいるご家庭は、この辺りの備えは必須だと思います。

■人数分以上の懐中電灯

→今回の我が家、たまたまなぜか大量の懐中電灯と電池があった事が本当に良かったと感じてます。人数分以上あれば、歩く時に使うもの以外に、部屋を照らす専用にも使えます。さらに言うならば、キャンプ用のランタンがあればもっと良いです。いまは携帯の充電が出来たりラジオがついていたり、自分で発電できるものがあったりするので、そういうものも含めて少し余分に数があると便利です。

 

以上です。

順番関係なく思いつくまま、目につくままに書いてみました。

喉元過ぎれば~という言葉があるように、時間が経つと「備えをしなきゃ!」という心は薄れていきます。

なので、今が備え時だと思います。

備えに余裕があれば、だれかを助ける事もできると思います。

今回の停電で信号が一切動いていませんでしたが、心無いドライバーも多々目にしました。

こういう時こそ「助け合い・譲り合い」が必要ですし、それを実行するにあたっては自分の心に余裕がある方が絶対に良いと思います。

 

また、弊社で行っている新電力に関して。

新電力だからと言って復旧が後回しになる事はありません。

復旧に関してはどういう順番で復旧するかの計画次第ですので、「新電力だから復旧が遅い」という事は一切ありませんので一応お伝えしておきます。

 

被災された皆様の心が一日も早く穏やかになりますように。

では。