こんにちは。

滝川の建築事務所ジャパン・コルディアル・ホームズの三河です。

熱かったり寒かったりしますが、みなさま体調は大丈夫でしょうか?

私の方は先日の入院で体調を崩してしまったので、禁煙・・・減煙をしています。

長年吸っているのでなかなか辞められないものですが、頑張って健康体にならなければなりません!

健全な精神は健全な肉体に宿ると言いますし、心身ともに健康でありたいものですね。

 

 

さて、

今回はちょっといつもと違う流れの案件をご紹介しようと思います。

と言いますのも、先日ちょっと現場をチラ見せした美容室が6月1日にオープンしたのです。

※1

hair atelier  chords(ヘアーアトリエ コーズ)という美容室で、新十津川の大畠精肉店さんの斜め向かいくらいの場所です。

何がいつもの流れと違うかと言うと、完全にJCHとして仕事を受けた形ではなく、形的には私個人がデザイン~施工を受けた感じになるのですが、もちろん全ての工程を私が出来るはずもないのでJCHとして部分的に仕事を受けています。

というのも、オーナーが私の小学校の頃からの友人という事で、違う友人と共に手伝って作り上げた美容室になります。

(なので、通常はこのような特殊な受け方はしておりませんのでご注意ください!)

※2

JCHとしてはクロス、カットスペース側の床、玄関ドア、照明などを受けていますが、あとは訳あって基本的にセルフビルドに近い形で施工した感じです。

※3 ※4

※5

一階が美容室、二階が住居となっている居ぬき物件だったのですが、オーナーさんの方で数年前に購入してから手付かずだったものを、今回満を持して手を入れたわけです。

鏡の所の青緑っぽい壁は、黒板壁紙というチョークで書いたり消したりできる特殊な壁紙を使っています。

ここにチョークでメニューなんかを書いたら可愛いだろうと思っているのですが、オーナーさんの方ではまだ勿体なくて書けないとの事でした。

 

それと、基本的には建物に関するデザイン部分は私の方でやっておりますが、今回はこだわりの壁を作ってみました。

美容室の中心にある壁を一度解体して窓を入れて新たに壁を作り直したのですが、漆喰を塗ってタイルを張り、壁の上部と天井の間には屋根垂木風の木材を。

イメージしたのは地中海あたりのお洒落な街の街角です。

※6 ※7

飾りとしては、壁から時計を出してみました。

※8 ※9 ※10

待合室になるのですが、壁の中の部屋です。

こことシャンプー台周り、トイレの床はセルフビルドの中でアンティーク風フロアを貼っています。

※11

玄関周りは、元々のドアを外してリフォーム用のドアを取り付けました。

表にはアイアンの格子がついており、ナチュラル系に合う可愛いドアになっています。

玄関の床には元々はタイルが貼ってあったのですが、人工芝を敷きました。

※12 ※13

奥にはシャンプー台のスペースがあります。

ここの壁も鏡の周りと同じく黒板壁紙になっているので、ゆくゆくはおしゃれに書いて頂きたいものですね。

元々は流し台とサイドシャンプー台とイスがあったのですがそれを全て外し、バックシャンプー台と手作りの洗面台を設置。

上にも書きましたが、床も全てアンティーク風フロアを貼っています。

 

 

オーナーさんと一緒に長い時間をかけてゆっくり手作りしてきたお店ですが、無事に2019年6月1日にオープンする事ができました。

名前はchords(コーズ)と言いますが、これはギターのやピアノのコードの事です。

オーナーさんが人とのつながりで作ったお店だから、そういう名前にしたいという事でこの名前になりました。

まだオープン三日目ですが問合せなども多数いただいており盛況のようです。

JCHとしては全てを請け負ったわけではないのですが、企画の段階からお手伝いさせて頂いて本当に素敵に仕上がったと思います。

 

最後に、元々の画像と少し比較してみたいと思います。

※14 ⇒ ※12

これがシャンプー台まわり。

※15 ⇒ ※1

同じ確度ではないのですが、カット椅子・鏡まわり。

※16 ⇒ ※10

最後に、待合室。

かなりオシャレに仕上がったと思います!

 

オーナーは腕の良い美容師さんなので、決まった美容室が無い方は是非よしなに。

では。

 

——————————————————————-

hair atelier chords(ヘアーアトリエ コーズ)

オーナー:竹端智寛(たけはなちひろ)

住所:樺戸郡新十津川町中央71番地70-71

TEL:0125-74-8797

——————————————————————-

写真 ©Ryohei Mikawa(※6、7、14、15、16を除く)