こんにちは。

滝川の建築事務所、ジャパン・コルディアル・ホームズの三河です。

最近、もの作りの一環で身に着けたイラストレーターの技術を使った制作をするシーンが増えてきました。

会社のパンフレットやフライヤー、企業や団体のロゴなんかも最近は本業外で頼まれる事がなぜか増えております。

楽しいのでお声がけ頂けるのはありがたいのですが、責任が少しずつ重いものになっていっているような気が・・・。

アップロードや手直しは他の方にお願いしましたが、実はこのサイトも私がデザインしてイラストレーターで作ったものです。

いつか仕事で使うものだけではなく、完全にイラストを描いてみたいと思う次第です。

目標は私の好きなイラストレーターである、上条衿さんや、カスヤナガトさんのようなイラストを描いてみたいものです。

 

さて、

以前にご紹介させて頂いた、昨年から弊社が新しく取り組んでいる「新電力」ですが、お陰様でご契約も増えてきております。

店舗や施設、工場だけではなく、各自治体ともお話する機会が増えてきました。

また、滝川周辺だけではなく新電力の関係で色々な市町村にも出向いております。

その中でわかった事は、「意外に新電力に取り組んでいる方が多い」という事です。

まだまだ浸透していないだろうと思っていたのですが、「既に1年前から取り組んでいます」と言われるケースも多く、民間企業だけに留まらず自治体の方でも既に新電力に変えているところもいくつもありました。

これは認識不足でした・・・。

私が考えているよりも、新電力は浸透しているようです。

 

ただ一方で、まだまだ「停電になりやすいんじゃないの?」ですとか「新電力会社が潰れたらどするの?」というご意見も多く頂きます。

インフラは今までと同じものを使うので、停電になる理由に「新電力だから」という事は一切ありません。

また、新電力会社が倒産する事は今はあまりないケースです。

というのも、以前に大きな新電力会社が倒産して多くの市町村や企業等が路頭に迷いそうになったケースがあったのですが、そこは今まで通り地域の電力会社へ契約を戻す事で供給が絶たれないという措置がされました。

その事があってから、国から新電力会社への取り締まりが厳しくなった事で、すぐに倒産したり撤退したりする事はなくなりました。

切り替え作業も、低圧から高圧への切り替えでない限りは特に工事を必要としないので、ほぼ契約を切り替える作業だけで簡単に済みますので、単純に電気代が安くなる形です。

 

先週は新電力案件で、久しぶりにオロロンラインを北上してきました。

写真は、小平の鰊番屋から撮った夕日です。

あまりよく撮れなかったのですが、本当にきれいな夕日でした。

新電力の案件で地方に行く機会も増えてきましたが、その土地土地の景色や生活に触れるのも営業の楽しみの一つです。

 

ご商売をされている方、施設や工場を運営されている方など、

電気料金削減にご興味がある方はぜひ弊社の方までご相談ください。

また、既に新電力を導入されている企業様、自治体様も、弊社の方でシミュレーションしたら更に電気料金削減になったケースが多々ありますので、お声がけ頂けると幸いです。