こんにちは。

滝川の建築事務所ジャパン・コルディアル・ホームズの三河です。

最近ハマっているのですが、武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」というラジオが大変面白いです。

過去の放送を聞き漁っておりますが、「運」に関する放送が本当に面白く、身体が色々と実践をしたくて疼いております。

世の中には見えないものがたくさんありますが、なぜか運が良かったり、なぜか運が悪かったりする人ってそれぞれたくさんいますよね。

ラジオの中で歴史上の色々な人を分析しているのですが、中でも驚いたのが「東郷平八郎」のお話でした。

当時、世界最強と言われたバルチック艦隊を破った事で有名な方ですが、着任当時は退役の2年前という年齢だったそうです。

なぜ高齢にも関わらずバルチック艦隊との海戦の指揮を命ぜられたかというと、「運がいい」という理由らしく、これは当時の天皇陛下への説明の中で説明された事からもよほど運が良かったのでしょう。

もちろん技術的な面でも優秀な方だったようですが、他の若い方ではなく東郷平八郎だった理由はそこにあったそうです。

もともとは坂本龍馬の海軍操練所で学んだらしく、その際に行われた海戦でも敵方の大砲100発を全て無傷で潜り抜け、東郷平八郎が撃ったたった3発の大砲は全て敵方に命中したとの逸話もあります。

また、若いころ自宅との往復の際には必ず同じ道を通り、動物が横切ればいなくなるのを待っていたそうなのですが、それをみた同僚が「軍人のくせに動物ごときに何をしている」と言われた際に「こんな事で運を使いたくない」と言ったそうです。

何かしらをルーティンワークとしていると、そこに運が宿るというか、運を無駄遣いしないで済むような事があるようですね。

私的には日々何が起こるかわからない生き方の方が楽しいのですが、このように日々黙々と静かに同じ事を繰り返す事も、運という見えないものを味方にする上で大事な事なのかもしれませんね。

こんなお話をする、武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」オススメです。

 

 

さて、

弊社で行っている新電力事業ですが、新しく「電力のアウトソーシング」という展開が始まります。

「電力アウトソーシング」って何?ですよね。

高圧受電をされている企業様が設置している高圧受電設備「キュービクル」は、高圧受電に必要な設備なのですが、もちろんこれ自体がお金を生む事はありません。

加えて、毎月かかってくる「保安点検費用」に毎月数万円かかり、定期的に発生してくる「修理・部品交換」などは数百万円にも及びます。

要は、設備維持のためのランニングコストが結構かかってくるんです。

この「電力アウトソーシング」ではこの「保安点検費用」を¥0になり、「修理・部品交換」などは全てこちらで行いますので数百万必要な費用も¥0になります。

 

これには理由があるのですが、

そもそもキュービクルの所有というのはその建物の持ち主である事が多いのですが、このキュービクルを買い取りし、名義をこちら側にします。

この買い取りももちろん買取金額が発生しますので、査定による金額決定はありますがお客様にとっては金銭面でプラスになります。

 

ただしこれらには、もちろん条件があります。

一つ目は、これはお客様のメリットにもなるのですが、弊社の方で新電力を導入させて頂く事。

これに関しては通常の新電力契約よりも長期の契約にはなりますが、いまよりもグッと安くなった新電力を供給させて頂きます。

二つ目は、現在の契約内容やキュービクルの査定次第で、この電力のアウトソーシングが難しい場合もある事。

これに関しては、ご契約を確認させて頂きキュービクルの査定をさせて頂かなければわからない部分ですので、都度ご確認となります。

 

このように、短期、中長期的に見て金銭的なメリットが多いのがこの「電力アウトソーシング」です。

上記のように、これによって500万円近くメリットが出た例もあります。

(試験的な導入は既に行われています)

これによって、電気力金だけでなく、キュービクルの維持管理費用がかからなくなりますので、ランニングコストをかなり減らすことができます。

上記のパンフレットにも書いてありますが、「新電力って大丈夫なの?」という疑心暗鬼になる心を取り払えば、必ずメリットが出るのが弊社の行う新電力です。

ここで一歩を踏み出して、コストダウンにつなげてみませんか?

 

では。